スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告 | --/--/-- --:--

    11月14日 釣果日誌(第二大洋丸)

    11月14日午前6時、この時期になると県北の朝はかなり寒い

    いつもの高台から海を眺めると、多少うねりはあるものの

    出船できそうです。

    7時集合、今日も第二大洋丸にての釣行です!

    釣行者は、俺 若船長 TJさん 若船長の会社の同僚のisoさんの4人

    7時半出港、砂捨て場のポイントも魅力的でしたが

    とりあえず28mへ

    8時釣り開始、気になる潮の流れは?今日も北東方向へ

    まずは、1本針で様子をみます。

    ハリスの長さは8m、5号と7号の2段テーパー仕掛け

    昨今の真鯛釣りにおいては10mや時には12mと長めのハリスで

    真鯛を狙う人も多いと思いますが、我々はハリスが短い分

    手返しを重視しています。
    (だから釣れないんですかね?)

    ハリスも5号と太めです。それは、いつ来るか分からない

    大鯛を絶対にバラシたくないからです。
    (でも5号使ってても、腕が悪いため何度もバラシてますけどね


    潮もいってるし、今日は釣れそうな予感が…

    しかし、30分経つも誰にもアタリがない

    画像 007

    若船長、先週の教訓からか手持ちで誘います

    8時45分、俺に急用の電話が入り一旦帰港してもらうことに
    (皆さん、これからって時にごめん

    帰港してもらうため、仕掛けを巻き上げると

    何か俺の竿に重量感が?誰かと絡まるってんのかなぁ

    と思ったけど、魚らしき引きがつたわります。

    根魚かな?と思いハリスを手繰ると、45cmの黒鯛でした

    画像 006

    港に戻り俺だけ下船し、皆はまた沖へ


    その後若船長のレポートによると

    10時、isoさん40cm(1k弱)の真鯛GET

    画像 005

    12時、TJさん50cm(1.5k)の真鯛GET

    画像 003
    画像 002

    その後は若船長に黒鯛3枚釣れるものの、

    真鯛はこの2枚のみ  12時半納竿…

    最終釣果  3名で
          
          真鯛 40cm 50cm 2枚
          黒鯛 40~45cm  3枚
          アジ 30cm    4匹
          イナダ       6匹
          サゴシ       1匹

    俺、黒鯛 1枚

    画像 001

    今回は大変ご迷惑かけましたm(_ _ )m

    でもまあ皆さん赤、黒問わず鯛釣れてよかったです。

    今年もあと何回出られるか分からないけど

    沖に出られた時は、大鯛が釣れることを願いましょう


    何だかこの頃、大洋丸での釣行ばかりで…俺には真鯛釣れないし

    タイトル、若船長の釣りブログにかえようかな~


    にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ
    にほんブログ村
    沖釣り大洋丸 | コメント(18) | トラックバック(0) | 2010/11/15 13:30

    山登りの達成感!

    いや~

    このへづは荒天続きで

    めってしもんねぇ~


    というわけで、若船長が鯛を釣った記憶を消し去りたいので

    早めの更新をしたいと思います(●´д )んだんだ


    友凪丸のメンバー4人

    俺とTJさんの趣味は、今のところ釣りだけですが

    他の2人はそれぞれ釣りの他にも趣味があります。

    hahiさんはスキューバダイビング

    そしてhiroは山登り

    hiroも同じ岩船出身、俺とは30年来の付き合いで

    歳は4つ下ですが、博識な彼は俺の良き相談相手

    今では、釣友を超えた『超友』ですかね( ・_・)ノ座布団一枚!

    そもそも友凪丸という船名は、hiroが考えた名前で

    「友と凪のいい日に釣りができるように」と言う意味で

    友凪丸(ゆうなぎまる)と付けました。

    磯釣りから始まり沖釣りへ、数々の釣行を共にしてきた

    海人のhiroが、山に魅せられたのが4年前

    ただみやのくどうちゃん(知人)の付き合いで登った

    『立山』で感動を覚えたそうなのです。

    今では、makoも加わり『日本百名山制覇』を目指すほどの

    山男に変貌したのです。

    変換角田山1

    山は紅葉しています

    11月7日 ちょうど若船長が2枚で500円の真鯛を釣っていた頃、

    hiroとmakoは新潟市西蒲区にある角田山にいました

    角田山は標高481.7m、子供から老人まで容易に登れる山だそうで

    hiroやmakoにとっては、足慣らしみたいなもの

    今回は、友人2人が山登りをしてみたいということでの登山だそうです。


    hiroが山登りを始めた当初は、ダイエットを兼ねた健康の為に

    山に登っているのだと思ってました。

    しかし、一年位前にhiroとmakoに「何で山に登らん?何が楽しゃん?」と

    聞いたことがあります。その時彼らは、『達成感を味わえるから』と答えました。

    その時は、何だそれ?釣りの方が楽しいしょ!魚も食えるし!いさって(`ヘ´)

    と最近までずっと思ってました。

    でも今はその意味が少し分かったような気がします

    画像 732画像 731

    「達成感」目標がありその目標に向かい成し遂げる。

    彼らは山に登っても、その景色を写真に撮ったりはしません

    彼らはその景色をしっかりと自分の目に焼き付けた後

    山頂でお湯を沸し、一杯のコーヒーを飲んで下山するのです。

    更に、車で行ける場所までは車を使いますが、そこから先は

    リフトやロープウェーがあっても絶対にそれらには乗らず

    自分の足で登るそうです。

    変換角田山2

    海に行き、竿を出せばそれで満足!という人もいると思いますが

    やはり大半の釣り人は、魚が釣れないより釣れた方が楽しいと思います。

    でも海は大漁する日もあれば、全く釣れない日もある。
    (まぁ釣りも毎回大漁してたら面白くないのかもしれませんがね

    でも山は違います。山は裏切らない!

    山登りは辛く苦しいけれど一歩一歩前に進めば必ず山頂にたどり着き

    素晴らしい景色と達成感が得られます。

    別な言い方をすれば、釣りには釣った魚を食したり

    若船長のように真鯛2枚で500円で売ったりと楽しみが残ります。

    しかし山登りの後に残るのは、疲労と景色の残像と達成感のみ

    それでも彼らは山に登る!まさに、そこに山があるから登るのです。

    達成感は、真鯛を釣ることよりも奥が深いΣ(・ω・ノ)ノ


    山に魅せられてからのhiroは、釣りに来る回数も減り

    今では年に1、2回程度…

    でも俺はhiroのことを執拗に釣りに誘うことをやめました。

    それは今まで山登りに否定的だった俺が、

    hiroにとって山登りは、釣りよりも遥かに楽し事だったのに気づき

    釣りでは得られない達成感が味わえる山登りは、

    素晴らしい趣味だと思えるようなったからです。

    でもhiro、友と凪の日に釣りをするのも山に負けないくらい楽しいはずです

    山に行かない時は、海にも下りて来てくださいね


    それからhiroが山男に魅せられた理由がもう一つ

    画像 730

    海人より山男の方がカッコもいいしね(笑)

    変換画像

    俺も来年は、山登りを経験してみようと思います。

    でも標準体重をかなりオーバーした体では無理ですかねぇ´-ω-)ウン

    hahiさんやTJさんも修行を兼ねて、山に登ってみませんか?

    ん…Σ(゜Д゜lll)エッ!?

    変換DSC03751

    あれっ

    ι(◎д◎υ)ノ写真よくみると…

    はっhahiさん???

    なんしちゃって、しかも笑ってるし

    山登りをしてみたい友人って、hahiさんだったのね( ̄口 ̄∥)


    にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ
    にほんブログ村
    | コメント(9) | トラックバック(0) | 2010/11/12 08:30
    « Prev | HOME | Next »

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。