スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告 | --/--/-- --:--

    5月26日の釣果

    PICT0519.jpg

    鷲ヶ巣山の雪も消えて、毎年、5月の末ともなれば

    岩船沖でも、大アジの乗っ込みの季節なのですが

    今年はどうした事か未だアジの姿が見当たりません。

    週末の天気予報も雨模様。そろそろアジが釣れるのでは?

    と、ほのかな期待をもって、本日釣りに行って来ました。

    PICT0501.jpg

    午前5時出船。メンバーは、俺、TJさん、濱若@イケメンさん

    昨日、この3名の打ち合わせでは、まずアジが釣りたい!

    もし沖に出てアジが釣れなければ、根魚狙いに変更するという事に

    そこで、まずはアジを釣りに瀬波沖へ全速前進

    ポイント到着後、魚探でアジの魚影を探しますが、それらしき反応が見えません。

    とりあえずアンカーを入れて仕掛けを投入しますが

    釣れてくるのは、カナガシラやリリースサイズのソイ、カサゴ…

    PICT0507.jpg

    それでも2時間程は粘りましたが、やはり大アジの強烈な引き込みは無く

    アジを諦め根魚狙いに軌道修正。ここまで、俺の竿先にはアタリすらありません。

    何度か漁礁の上を流すと、みなさんそれなりにソイやカサゴを釣り上げて

    とりあえず晩のおかずは確保できました。濱若@イケメンさんは40cmのクロソイをGET

    PICT0511.jpg

    午前9時を回り、朝から吹いてた南東からの風(だしの風)も止み

    海上は穏やかになりました。そこで、60mの漁礁にポイントを移動

    ここでもアジの仕掛けを出しますが、あたりも無く

    沖メバル(岩船の呼び名ではチンカラ)1匹、小サバ1匹だけ釣れて

    午前11を過ぎた頃には、北東の風が強くなり浅場へと撤退

    いつもの岩船沖に移動しましたが、ここも風が強く波も高い状況です。

    時間はまだお昼前、このままでは終われない釣りバカ3人

    和船では非常に釣りずらい状況の中、全身波をかぶりながらも

    真ゾイ(岩船の呼び名ではスズノメ)、ソゲ(岩船の呼び名では青っぱ)

    クロソイ、カサゴ、などを追加して、13時半帰港となりました。

    PICT0522.jpg

    釣りバカ3名での最終釣果 竿頭はTJさん

    黒ソイ 5匹 20~42cm

    真ゾイ 5匹 20~34cm

    カサゴ 11匹 20~43cm

    ヒラメ 38cm 1枚

    ウスメバル 1匹

    カナガシラ 1匹

    PICT0525.jpg

    9時間近く船に揺られて流石に疲れました。

    でも釣りは面白い!

    明日は仕事です。今日は早く休みます





    にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
    にほんブログ村
    沖釣り友凪丸 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2011/05/26 22:00

    アクアパッツァ

    土曜日の午後。午前中の釣行の疲れもあり

    自宅で、うたた寝をしていると

    TVから『粟島』という言葉が聞こえてきました。

    ん・・・粟島?

    寝ぼけ頭でTVを観てみると、新潟の地方局での番組ですが

    俳優の杉浦太陽君が、粟島を旅している様子が放送されていて

    粟島の風景や民宿で料理を食べているところ等が映っていました。

    そういえば…だいぶ前にパイレーツオブ・プレメン濱船長さんのブログ

    粟島汽船乗り場で、杉浦太陽君を目撃したと書いてあったなぁ・・・

    なんて事を思い出しながら見ていると、今度は杉浦君自身が料理をし始めました。

    なんでも、料理が得意でレシピ本まで出しているという杉浦君。

    自身で釣ったというメバルとソイを慣れた手つきで捌き

    粟島の岸壁をバックにイタリア料理を作っていました。

    粟島でイタリア料理とは、何とも不釣り合いだなぁと思いながら

    TVをつけたまま熟睡1時間程して昼寝から目を覚ますと

    杉浦君が作っていたイタリア料理の名前が思い出せません。

    確か、アクアなんとかと言っていたような・・・

    すぐにネットで検索すると、アクアパッツァという料理がヒットしました。

    アクアパッツァ(acqua pazza) 魚介類(白身魚と貝類)を

    トマトやオリーブなどとともに白ワインと水で煮込んだイタリア料理。

    そうそう、これこれ・・・で作り方は(・0・。) ホホ-ッ意外と簡単そう


    前置きが長くなりましたが

    そこで、アクアパッツァというイタリア料理を

    若船長がメザシを餌に釣ったという事で

    俺の中での高級魚というイメージが脆くも崩れ去った『キジハタ』で作ってみました。

    といっても、俺は魚を下ろしただけで、料理はかみさんが作ったんですけどね( ̄- ̄)ニヤッ



    アクアパッツァでも作り方などは色々あって

    今回は一番簡単に作れそうなレシピを参考にしました。

    まず、キジハタを3枚に下ろし腹骨もすいて、切り身に塩をふって5分程度置きます。

    本来なら、ぶつ切りで骨つきのままの方がいい出しがでるそうですが

    娘やかみさんが、魚の骨を嫌がるので切り身にしました。

    PICT0484.jpg

    フライパンにオリーブオイルを熱し

    ペーパータオルで水分をふき取ったキジハタを皮目から中火で焼き、裏返し両面を焼きます。

    PICT0487.jpg

    みじん切りにしたニンニクを加え、香りが出たら、半分に切ったプチトマト

    あさり、水、白ワインを加えます。  

    PICT0494.jpg

    ふつふつとしてきたら、蓋をして弱火で5分蒸します。

    後は、スープを味見してみて、物足りなければ塩、こしょうで味を整え

    最後にちぎったイタリアンパセリを散らしてできあがりです

    PICT0498.jpg

    普段食べ慣れないイタリア料理ですが、簡単に作れるし

    あさりとキジハタからいい出しがでていて結構美味しかったです!!

    俺は酒を飲みませんが、ワインやパスタに合いそうな料理ですね

    でも、俺にイタリア料理も不釣り合いで、やっぱり煮つけにまま(ご飯)の方が合ってますね


    にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
    にほんブログ村
    | コメント(6) | トラックバック(0) | 2011/05/23 23:00
    « Prev | HOME | Next »

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。