スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告 | --/--/-- --:--

    一番美味しかったのは春雨サラダ

    数年前までは、釣った魚にはあまり興味が無く
     
    ただ魚を釣る事だけに面白さを感じていたワタクシですが

    TJ先生に、包丁の使い方から魚の捌き方、釣った魚の格別の美味しさを教えてもらい

    今では、魚をあまり食べなかった娘も、俺が捌いた魚を喜んで?食べてくれます。

    まだまだ修行中の身で、ブログに載せるほどのものでもありませんが

    先日釣ったクロソイとメバルを捌いてみました。

    PICT0397.jpg

    自分で魚を下ろして食べるようになってからは

    『その魚が美味しく食べれる時』が何となくですが、分かってきたように思えます。

    それは魚を生で食べる場合よく感じるのですが

    例えば、アジやサバなど青物等は、釣ったその日に食べたほうが臭みも無く美味しいとか

    ヒラメや鯛そして根魚とかは、2日くらい寝かしてから食べた方が旨いとかです。

    まあ、人それぞれ好みは違うとは思いますが

    でも、青物でも根魚でも共通して言える事は

    釣った魚はその場ですぐ締めて血抜きをし、その日のうちにエラと内臓は取り除いておく事です。

    PICT0400.jpg

    6日に釣ったクロソイとメバル

    その日のうちに、ウロコやエラ・内臓を取り除き

    血合いを歯ブラシなどを使って綺麗にします。

    魚を水洗いするのはここまで!

    後は、キッチンペーパーなどで身や腹の中を拭いて、冷蔵庫で寝かせます。

    PICT0405.jpg

    二日後の日曜日

    クロソイは頭を落とし、身は三枚に下ろし皮を引いて刺身にします。

    頭はガラ汁、カマは塩焼き(焼き過ぎました)にしてみました。

    根魚などは身がしっかりしているので、ソイの刺身は薄く切って食べます。

    メバルは、表側の身の厚い部分に切り込みを入れて定番の煮つけにしました。

    DSCF0360.jpg

    この日は母の日で、娘の助手として俺も料理担当

    ちなみに左下の春雨サラダは娘が作りました。

    ソイの半身は、かみさんが好きなカルパッチョに

    薄く切ったソイの切り身に、オリーブオイルとレモンを絞り

    玉ねぎのスライスやプチトマトなどをのせて食べます。

    サラダ感覚で食べれるので、女性には好まれるのかもしれません

    DSCF0361.jpg

    魚づくしの母の日

    でも、かみさんが一番美味しそうに食べていたのは

    娘が作った春雨サラダでした


    にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
    にほんブログ村

    スポンサーサイト
    | コメント(5) | トラックバック(0) | 2011/05/12 23:00
     | HOME | 

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。