スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告 | --/--/-- --:--

    6月26日の釣果

    村上市は、木曜、金曜と大雨が続き

    おかげで川から流れ出た泥水や流木、ゴミまでもが海に流れ込み

    先週までは澄んでいた岩船の海も茶色く濁り

    船の上架場所は流木などが流れ着いている状況でした。

    PICT0688.jpg

    昨日の予報では、北東の風、海上でやや強く、波高1.0~1.5m

    更には、午前9時頃より予報。

    昨日の時点では今日の釣行は判断できず

    今日の海況を見てからの釣行となりました。


    午前五時にいつもの高台から海を眺めると

    昨日までは茶色く濁っていた泥水も拡散し

    風も無く、多少のうねりは残っているものの出港できそうな海況です。


    6時出船

    今日のメンバーは、俺、けん君(ピーチ船長)、Ta-R君の3名。

    朝、用事のあったTJ先生とは、後に合流予定でしたが戻れずに済みませんでした

    PICT0677.jpg

    空はうす曇りで、出港直後から降り出した雨は、結局帰港するまで降り続いていました。


    うねりがあり、川木などが漂流している海を十分気を付けながらポイントに到着。

    アンカーを入れ仕掛けを投入すると

    ビシが斜めに入り、潮が北東方向へと流れていることが分かります。

    これは、真鯛を狙えという事なのか(-.-)y-゚゚゚

    以前にも大雨で海が濁り、今日と同じような状況の時に

    真鯛を爆釣した経験のあるワタクシ

    幸いというか何というか、船が止まった場所がアジを狙う漁礁とは外れ

    真鯛を狙ってもおかしくないポイント。

    前の二人はさておいて、すかさず俺だけ真鯛の仕掛けへとチェンジ!

    しかし、二、三回手返しを繰り返しても真鯛のアタリは無くアジも釣れません。

    まぁ、真鯛は時期が来れば必ず釣れるし、やはり今が旬のアジを釣ろう!

    と、気を取り直してアンカーを掛け直してアジを狙う事に

    すると、アジよりも早くアタリがあったのは根物の竿

    ソイやキジハタが連続で釣れて、若船長発案の『メザシ釣法』の威力を発揮してくれました

    しかし、アジが釣れ始めると根物竿は沈黙

    その代りアジは絶好調ほぼ入れ食いに近い状態でアタリがあり

    今日は渡船がお休みの、第十八桃丸船長のけん君や

    PICT0681.jpg

    明日は床屋が定休日の、にんぞの婿どん、来年濱若会長のTa-R君も

    PICT0682.jpg

    降り続く雨で、びしょ濡れになりながらもコンスタントにアジを釣り上げます。

    でも、今日はアジの型がいまいち

    25㎝サイズも混じり平均35㎝といったところでしょうか

    午前10時を過ぎると、北東からの風が強くなり

    依然、アジは釣れ続けてはいたのですが安全を考慮して

    午前11時には帰港する事となりました。

    PICT0687.jpg

    最終釣果




    アジ  25~37㎝  48匹

    黒ソイ 33、40㎝  2匹

    キジハタ  37㎝  1匹

    黒メバル 25~30㎝ 3匹

    花鯛   27㎝   1匹

    カサゴ 25㎝  1匹 他リリース

    PICT0690.jpg

    けん君

    アジ 25~38㎝  39匹

    黒ソイ 40㎝   1匹

    アイナメ 34㎝  1匹

    ウマズラ 40㎝  1匹

    PICT0691.jpg

    Ta-R君

    アジ 25㎝~38㎝  31匹

    黒メバル 20~30㎝ 3匹

    カサゴ 38㎝    1匹

    中サバ  1匹

    PICT0693.jpg

    二人とも終始雨の中お疲れでした。

    もう少し長くできれば、かなり釣果も伸ばせた事と思います。

    でも、釣り、特に沖釣りは、一歩間違えば命にかかわる大変危険な遊びです。

    今日も、釣り船転覆、女性一人死亡という悲しいニュースがありました。

    今回の釣行で、君達も沖釣りの面白さに魅了され

    これからは、船を持つ君達だけで沖に出る事もあるかと思います。

    そんな時、急に風が吹き出したり、天候が悪化しそうだと判断したら

    いくら魚が爆釣してようとも、直ぐに帰港するよう心がけてください。

    荒れた海へ漕ぎ出す勇気よりも、出航をやめる勇気の方が大切で

    魚が釣れている時でも、海が時化てきたなら帰港する勇気を持って

    安全航行・安全釣行をモットーに、これからも沖釣りを楽しみましょう!



    にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
    にほんブログ村

    スポンサーサイト
    沖釣り友凪丸 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2011/06/26 22:00

    6月19日の釣果

    6月19日(日)

    本日、デジカメのSDカードを入れ忘れている事に

    家に帰って来てから気づきまして写真がありません

    色々と面白い事があった釣行でしたが、手短にまとめたいと思います。

    出船は、午前5時友凪丸での釣行。

    俺、TJさん、元AK君の3名での釣行予定でしたが

    急遽、よし坊も同行する事となり、4名での釣行となりました。


    我々の間では、あるジンクスがありまして…

    それは

    友凪丸で、新しいものを使う場合は、そこそこ魚が釣れる!

    例えば、竿やリール、クーラーボックス等、おNEWの物を使った時は

    ほとんど、貧果となる事なく魚が釣れています。

    そして、そのジンクスを打ち破ったのは、若船長ただ一人(笑)

    あの5万円のおNEWの竿で、フグ一匹しか釣れなかった悪夢のような1日だけ

    本日、友凪丸初乗船の元AK君。

    初物は縁起がいいという事で、期待を持って釣行に挑みました!!


    海はベタ凪、ポイントに着くと海水は澄み渡り、朝日が眩しく照らします。

    仕掛け投入第一投では、アタリが無かったものの

    反応の近くに二度ほどアンカーを掛けなおすと、直ぐにアジのアタリがあり

    爆釣まではいかないものの、次々と大アジが釣れてきます。

    しかし、今日は根物の竿は不発先週はバコバコと型のいいソイが釣れていたのに

    今日は、潮も動かず、水も澄んでいる為か、時々釣れる程度。


    そんな中、元AK君。沖釣り2度目の釣行とは思えないほどの手返しで

    アジの釣果を伸ばし、12時までに31匹の釣果

    12時より、一時間半程流し釣りをして、黒ソイを何尾か追加し

    13時半に帰港となりました。


    最終釣果   




    アジ  30~40㎝ 46匹

    黒ソイ 35~42㎝ 6匹

    ウマズラ  1匹

    中サバ   10匹程度

    PICT0674.jpg


    TJさん

    アジ  30~40㎝ 24匹

    黒ソイ  38㎝  1匹

    中サバ  15匹程度

    P1000314.jpg

    元AK君  

    アジ 30~41㎝  31匹

    黒ソイ 39㎝   1匹

    大サバ 43㎝   1匹

    中サバ  20匹程度

    P1000315.jpg

    よし坊

    アジ 30~40㎝  22匹

    黒ソイ 40㎝   1匹

    ウマズラ   2匹

    カナガシラ  1匹

    中サバ   15匹程度


    いい写真いっぱい撮れたと思っていたのに、SDカードが入ってないのに気づかず

    シャッターを押していたとは、あまりにも不覚でした。


    朝早い時間帯は、中サバ混じりで入れ食いの時間もありましたが

    日中、日が高くなると大アジもポツポツと釣れる程度。

    でも今日は、35~40㎝の大アジが大半を占めて、舳[みよし]が大活躍してくれました!

    今日の潮では真鯛は無理だったかもしれませんが

    今後は潮の流れ方次第で、真鯛も視野に入れて釣行に臨みたいと思います。

    元AK君、よし坊、9時間近くも船に揺られて疲れたろー

    我々は半分漁師と一緒です。一度沖に出たなら、船長が納得するまでは陸には上がりません!

    しかし、釣れない時間帯でも飽きらかさず、手返しを怠らない君たちは大したもんだ!!

    是非、また一緒に釣りに行きましょう!お疲れでした


    にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
    にほんブログ村
    沖釣り友凪丸 | コメント(7) | トラックバック(0) | 2011/06/19 22:57
     | HOME | Next »

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。