スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告 | --/--/-- --:--

    7月23日激流の中で(第二大洋丸)

    7月23日(土曜)第二大洋丸での釣行

    メンバー 俺 若船長 TJさん ピーチ船長

    午前4時出港~午後2時帰港

    今日は絶対に大鯛を釣るぞ!といつも以上に期待を抱いて

    まだ、暗い空のもと岩船港を出港!

    ポイントに着き2、3回アンカーを掛け直して

    ようやく、船が止まったなと思ったらその潮流の速さに驚きました。

    PICT0969.jpg

    トローリングしている訳ではありません

    潮が早いのは歓迎ですが、これはあまりにも早すぎる

    しかも、この潮が北東方向への流れだったらまだしも、南西方向へと流れています。

    あまりの潮の早さに80号の重りでは底立ちがよくとれず

    80号のステンカンの中に、80号の重りを入れて

    計160号にしてあるのですが、この状態です。

    仕掛けにもシンカ―やガン玉を付けて

    仕掛けが吹け上がらないように工夫したりしましたが

    どの棚にビシを合わせたらいいのか分からない状態でした。

    PICT0979.jpg

    それでも、アジ、サバ、メバルなどは時々釣れて

    TJさんは、真鯛(47㎝)と黒鯛をGET!流石です!

    PICT0972.jpg

    時間が経過すれば、少しは潮も緩むかなとも思いましたが

    状況は変わらず、午前10時にポイントの移動を決意しました

    PICT0978.jpg

    出港前から黄色いタオルを被り、竿先を見つめる若船長。

    若船長が黄色いタオルを被った時は、気合が入っている証拠

    しかし、真鯛からのアタリはありません

    PICT0991.jpg

    岩船沖に来ると、KF沖とは全く潮の流れ方が違い

    ほんのわずか北東方向へと流れてはいますが、ほとんどビシの位置は真下

    これはこれで困りもの更にハリスや針、道糸にクラゲが付着してきます。

    PICT1003.jpg

    そんな中、ピーチ船長が40cm真鯛をGETやるねぇ!

    PICT0987.jpg

    ここ最近の傾向から、お昼過ぎに鯛の時合いがあると踏み

    午後1時半まで粘りましたが、艫(とも)で釣っていた俺と若船長には

    真鯛が釣れる事は無く、残念な結果での終了となりました。

    PICT1010.jpg


    最終釣果


     
     アジ 28~35㎝ 3匹

     メバル 25㎝  2匹

     サバ(中)   3匹

    PICT1007.jpg

    若船長

     アジ 28~35㎝ 3匹

     サバ(中)   14匹

    PICT1023.jpg
      
    TJさん

     真鯛 47㎝ 1枚

     花鯛 33㎝ 1枚

     黒鯛 40㎝ 1枚

     アジ 28~35㎝ 2匹

     サバ(中) 2匹

     メバル 25㎝ 2匹

     ウマズラ 35㎝ 1匹

    PICT1015.jpg

    ピーチ船長

     真鯛 40㎝ 1枚

     アジ 32~39㎝ 5匹

     サバ(中) 8匹

     カサゴ 33㎝ 1匹

    PICT1021.jpg

    KF沖の潮の早さも驚きましたが、KF沖からわずか30分

    同じ水深の岩船沖と、潮の流れがあまりにも違う事にも驚きました!

    真鯛釣りは潮の流れが釣果を左右する大きな要素!

    今後は、ポイントの選択も重要ですね。

    でも、あの状況の中、結果を残したTJさんとピーチ船長は流石です!!


    ピーチ船長の、あの赤い針がいいのかなぁ…

    俺も真似してみよ ̄ー ̄)ニヤリ



    にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
    にほんブログ村
    スポンサーサイト
    沖釣り大洋丸 | コメント(6) | トラックバック(0) | 2011/07/24 18:50
     | HOME | 

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。