スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告 | --/--/-- --:--

    こだわり

    唯一、魚との接点がある針!

    真鯛針のこだわりとしては、一度使った針は再利用しない事ですかね。

    というのも、釣り針はかなり精細な方法で針先を研がれているらしく

    一度海水に浸かり、魚に刺さった針は多少なりと刺さりが悪くなり

    その針を、もう一度買った時と同じように研ぐことは難しい。

    と、雑誌に書いてあったの見まして…

    ホントはそこまで繊細には考えてはいないのですが

    やはり海水に浸かった物、特に針は洗っても錆びる事もあるし

    錆びた針を使って、大物バラシたら悔しいですからね。

    現在使ってる針は、オーナーの閂マダイX

    この針は、結んだ時の締め込みがよく、結び目が回りにくいので

    チモトからのハリス切れや、ハリスのすっぽ抜けを防いでくれます。

    hari.jpg

    それと、これもこだわりというか自己満足なのですが

    自宅で針を結ぶ場合に限り、チモトを編み込み補強しています。

    結び方は簡単!

    まず、使っているハリスより号数の小さい糸

    ハリス4号だったら、3号か2.5号の糸を20cmくらいに切って

    これを編み込む糸としてハリスに添えて

    ハリスを普通の外掛け結びで結びます。

    DSC_0233.jpg
    DSC_0234.jpg

    次に、添え糸をハリスの下からと上から交互に編みます。

    DSC_0237.jpg
    DSC_0239.jpg
    縮DSC_0240
    縮DSC_0243

    写真だと、ちょっと分かりずらいでしょうか?

    この交互に編み込む順番を間違えると、形が悪くなるので注意して下さい。

    これを自分の好きな長さ(私の場合は1cm以内くらい)まで編んだら

    最後、2回程度巻いてしっかり締め込み添え糸とハリスを切って出来上がり!

    針にオキアミを付ける時に、針の結び目までスッポリ隠せるように

    ハリスの余った部分は、できるだけ短く切った方がいいと思います。

    DSC_0252.jpg

    このチモトの編み込み、針先がしっかりしてよれないので、手前まつりし難い

    という人もいますが、実際効果の程はわかりません。

    補強と言っても、編み込みさせてない所まで針をのまれてしまえば意味無いし

    フグにハリスを切られたり、

    釣れた真鯛が針をのみ込んでいてハリスを切って針を交換する場合等

    揺れる船の上で編み込みなどやっている余裕はないので、普通の外掛けで結んでますから

    自分の場合は、こだわり!自己満足!見栄え!おまじない!的な感覚です。


    もう一つ、これもこだわりかもしれませんが

    自分はルアー系の釣りはほとんどやりません。

    理由は、魚のアタリを手元の感覚で楽しむルアー系の釣りは

    何か勿体ないような気がするからです。

    磯の浮き釣り出身の自分としては、魚のアタリを視覚でも楽しみたいのです。

    特に真鯛釣りでは、軟らかめのムーチングロットが根元から曲がる瞬間が

    最も興奮し、アドレナリンが放出する時(俺だけかも?)

    釣行後も、竿が曲がった瞬間を思い出し、何日かは余韻に浸れます。

    なので、仕掛けを投入したら、後は置き竿でジーッと竿先を見つめて

    いつ来るか分からない魚からのアタリを待っています。

    たとえ他の人が手持ちの誘いで爆釣していても…

    そうです。だから、いまいち釣果が上がらないのです


    にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
    にほんブログ村
    スポンサーサイト
    仕掛け | コメント(2) | トラックバック(0) | 2011/09/29 23:40

    9月25日の釣果 2匹目のドジョウはいませんでした。

    台風通過による時化を挟んでの日曜日

    大概、時化後は釣れるというセオリーから

    今日は、いや今日も、大漁間違いなしだろうと期待に胸ふくらませて

    先週、真鯛が爆釣した深場のポイントまで行って来ました。



    釣行者は、TJさん 若船長 ピーチ船長 俺の4名 友凪丸での釣行です。

    6時出港、友人のM君(翔光丸)と二艇で沖へと向かい

    濱若@イケメンさんは、大喜丸で浅場のポイントで様子を見る事に

    PICT1216.jpg

    2、3度アンカーを掛け直し、仕掛けを投入したのが7時頃

    潮は濁り気味、流れは北東方向へやや緩めに流れています。

    釣り開始から1時間位してから、先週までとは状況が違う事に気づきました。

    真鯛はおろか、大アジも釣れません。

    たまに釣れてくるのは15cmくらいの小アジや小サバ

    あの、真鯛と間違えるほどの引きをする大アジは何処へ行ったのか?

    先週の爆釣を再びと、気合十分で臨んだみんなも意気消沈

    それを見かねたピーチ船長

    この日は、前日に原信で買ったという『どら焼き』を差し入れてくれました。

    PICT1207.jpg

    すると、直後に、小さいながらも本日初真鯛がピーチ船長に釣れます。

    PICT1214.jpg

    この後、1時間程の鯛の時合いが到来!

    俺にも37cmの鯛が釣れましたが、今日は何故かミヨシに座った二人にばかりアタリます。

    またしてもピーチ君、今度は62cm!渡船の方も宜しくです

    『いづもんず(一文時)でも釣れるかだ(型)だろが』by若船長

    [広告] VPS


    そして、今年は一皮むけた若船長!スランプ脱出で絶好調!

    『たいすたごどねぇ、たもいらねろ』by KT

    [広告] VPS


    何故かヒラメまで…

    PICT1210.jpg

    今日は、底の方でアタリがある為、棚を低めにしていた若船長。

    多分、釣れた小アジに喰いついたんだと思います

    この時の時合いで、真鯛6枚、ヒラメ1匹が釣れましたが

    9時を過ぎた頃からは、全く魚が釣れなくなりました。

    すぐ脇で釣りをしている翔光丸のM君等も同等の釣果で

    お昼過ぎに、二艇で浅場に移動します


    浅場のポイントでは、大喜丸のイケメンさんが

    午前中に、一人で真鯛5枚釣ったそうですが、時すでに遅し…

    結局、午後2時まで粘りましたが、この場所ではピーチ船長にイナダ1匹釣れただけ


    最終的に、37cmの真鯛1枚しか釣れなかった俺と

    アジ2、3匹しか釣れなかったTJさんにとっては

    かえってストレスの溜まる釣行となりました

    PICT1225.jpg

    最終釣果

    俺 

     真鯛 37cm 1枚

    PICT1236.jpg

    TJさん

     アジ 40cm 1匹 

       25~30cm 2匹

    PICT1241.jpg

    若船長

     真鯛 35、37、41cm 3枚

     ヒラメ 48cm 1匹

    PICT1240.jpg

    ピーチ船長

     真鯛 40、62cm 2枚

     イナダ 1匹

    PICT1238.jpg

    海は分かりません先週の爆釣は夢だったのでしょう。

    やはり、柳の下にドジョウは2匹いませんでした


    結果、船中6枚の真鯛が釣れましたが、ほとんどが皮一枚に針掛かりしていて

    バラシ(全て針はずれ)も4、5回あり、

    先週の、何度も針をのみこまれている状況とは違い、昨日は鯛の活性の低さがうかがえました。

    しかし、先週まで入れ食いに近いほど釣れた大アジは何処へ行ったのか…


    でもまぁ、ピーチ君が62cmを釣ってくれて面目を保ってくれました。

    若船長も、型には不満もありましたが3枚釣って

    どうやら、修行の旅に出なくてはいけないのは、俺とTJさんのようです


    にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
    にほんブログ村
    沖釣り友凪丸 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2011/09/26 23:30
     | HOME | Next »

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。