スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告 | --/--/-- --:--

    仕掛け作り(真鯛ニ段テーパー)


    先週は、台風の影響で釣りに行けませんでした。

    なので…釣果の報告がありません。

    そこで、今回は、自分が使っている真鯛釣りの仕掛けを紹介します。

    今更って感じですが、一応、参考までに…


    ハリスは、上ハリス7号4mと、下ハリス4号~5号4mを

    スイベルで連結した二段テーパー仕掛け

    図に書くとこんな感じ
        ↓
    無題
    下ハリスの4mは固定して、潮の流れ方やその日の状況によって

    ハリスを10mに伸ばしたい場合は、上ハリスを6mに伸ばします。

    この二段テーパーなる仕掛け、4・5年前に雑誌やTVで紹介されているのを見て

    以来、ずっと使っていますが、これが扱いやすく便利なのです!

    利点としては、太いハリスは潮に乗りやすい。スイベルを支点としての誘いが容易。

    スイベルが重みとなり、仕掛けの沈みが早い等々、色々利点があると雑誌には書いてありますが

    私がこの仕掛けを使う理由は、ただ単に扱いやすく経済的だからです。
     
    真鯛釣り、まして大鯛を釣る為には、ハリスの傷みには十分注意し

    傷ついたハリスは新品に交換しなければなりません。

    この場合、ストレートの仕掛けだと先端の方が傷ついただけでも

    8mの仕掛け全部を交換しなければなりません。

    でも、太さの違うハリスを2種類組み合わせて作ったこの仕掛けでは

    どちらか一方を変えればいいわけで、丈夫な太い糸は傷つき難く

    細い糸の部分だけをまめに変えるようにすればハリスの無駄使いも防げます。

    それと、太いハリスは捌きやすく、ヨレ難い。

    DSC_0130.jpg

    次に、枝ス!

    基本的には一本針が主流ですが、状況によっては二本針の仕掛けを使います。

    枝針は真鯛に喰わせると云うよりも、真鯛への見せ餌、

    エサ取りの魚への囮にするという考えから(本当は2匹釣れると嬉しいから)

    下ハリスの真ん中、2mの所に、12cmと短めの枝針を出します。

    数年前までは、三方編み込み等で枝スを出していたのですが、作るのに手間暇がかかる事と

    フグなどのエサ取りに針を切られた時など、針の付け替えが困難な事から

    今は、簡単に枝スが出せて、スペアーを持って行けば

    船の上でも容易に交換できるクロスビーズを使っています。

    この場合、ハリスにコブを作らなければならないので

    (コブの部分からハリス切れのおそれがある)

    二本針にする場合は、ハリス5号限定としています。

    DSC_0155.jpg

    こうしゃぐも、そろそろ疲れてきたので、今日はこの辺で終了したいと思います。

    テキスト名②→針については、次の機会に…

    今週末は釣行できそうですね!仕掛けいっぱい作って、俺だけ大鯛釣るぞぉ


    にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
    にほんブログ村

    スポンサーサイト
    仕掛け | コメント(2) | トラックバック(0) | 2011/09/07 22:55
     | HOME | 

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。