スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告 | --/--/-- --:--

    11月12日の釣果 本命はイナダ?

    11月12日(土曜日)今日も若船長の大洋丸での釣行

    メンバーは、若船長 キングTJさん BECK PAPAさん 俺の4名。

    出航は午前6時。朝もやに煙る港を出ると、一目散に深場のポイントへと向かいました。

    DSC_0521.jpg

    条件さえそろえば爆釣の可能性が高い60ゾーン。10月9日の釣行では不発に終わりましたが

    約一カ月後の今日、真鯛は深場に移動してくれた事を期待して仕掛けを下しました。

    PICT1341.jpg

    潮は、南へと速く、何度か手返しを繰り返すと竿先に小さなアタリがあり

    それほど引きが伝わらない魚を、置き竿のまま巻き上げると25cm位のアジです。

    実は、このポイントに来たかった本当の理由は、真鯛というより

    大アジやサバが釣れる事を期待してだったのですが25cmのアジではがっかりです。

    そのアジも、日が高くなるにつれアタリさえもなくり、午前10時、ポイントを移動することになりました。

    釣り開始から約3時間、ここまで俺はアジ2匹の釣果

    DSC_0531.jpg

    KF沖に来ると、潮がいい感じで北方向へ流れ

    2、3度手返しを繰り返してもエサが残ってくる為、『来るな!』と思い

    ドキドキしながら竿先を見つめていたのですが、真鯛からのアタリは無く

    代わりに竿を曲げるのはイナダ。

    DSC_0533.jpg

    そのうちイナダがいなくなると、2分もたないでエサが取られるといった状況です。

    真鯛もたまに釣れるのですが25cm以下のリリースサイズがほとんど

    海上は風も無く、まるで鏡のような海面で、11月とは思えない絶好の沖釣り日和

    諦めず手返しすれば、絶対真鯛が釣れる筈と仕掛けを入れますが

    元気いっぱいのイナダの猛攻に、

    手袋を忘れ、ハリスを手繰る指が傷だらけとなった俺は、降参の白旗を上げ

    午後1時半、若船長に『やめろでん』と告げました。

    DSC_0542.jpg

    最終釣果



     ワラサ 1本
     
     イナダ 20匹

     真鯛 30cm 1匹

     アジ(25cm)2匹

    DSC_0543.jpg

    若船長

     真鯛 33cm 1匹

     イナダ 15匹

     アジ(25cm)3匹

    DSC_0545.jpg

    キングTJさん

     イナダ 25匹

     アジ(25cm)3匹

    DSC_0548.jpg

    BECK PAPAさん

    イナダ少々、アジ(25cm)3匹



    これが、イナダではなく大アジであれば満足の釣果なのですが…

    イナダのアタリは、竿先が吹けあがったり、途中横に走ったりと

    針掛かりすると底に突っ込もうとする真鯛や大アジとは違い

    アタリと引きが素直で無い

    そして、一番厄介なのが、ハリスを手繰る時に大暴れする事。

    でも、沖釣りを始めて間もない頃は

    イナダが釣れると大喜びし、みんなにも自慢していたもの

    全く魚が釣れないよりは、イナダでクーラー満杯になるのもそれはそれ!

    次回は、来るもの拒まず、むしろ本命はイナダ狙いで

    大型クーラー持って、手袋や指サックをしっかりはめて

    イナダ100匹を目指し釣行に挑みたいと思います。

    そんな事を思ってると、イナダも釣れなくなるのがいつものパターンなのですが┐( ̄ヘ ̄)┌



    にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
    にほんブログ村
    スポンサーサイト
    沖釣り大洋丸 | コメント(6) | トラックバック(0) | 2011/11/13 20:00
     | HOME | 

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。