スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告 | --/--/-- --:--

    時化続きなので

    GWも時化続きで、楽しみにしていた粟島釣行もいつ頃行けるのやら

    波高予測によると4日頃までは波が残りそうな感じです。

    こんな時は、粟島での沖メバル(ウスメバル)釣りをイメージして

    仕掛けでも作っておきましょう!

    まあ基本的には、アジ釣りのサビキ仕掛けと同じです。

    真鯛の仕掛けとは違い、針数が多い分手間と時間がかかりますが

    釣り具屋に行けばパーツごとに売っているので案外簡単に作れますよ!

    P1000311.jpg

    釣り具屋に売っている沖メバル仕掛けは結構な値段がします。

    水深100m位の岩礁域を狙うこの釣りでは仕掛けが根がかりする事が多く

    1回の釣行で最低でも5セット位は必要となります。

    暇が無く、金銭面に余裕のある人なら既製の仕掛けを買った方がいい

    と言う人もいるかと思いますが、『貧乏暇あり』のワタクシには

    仕掛けを作る時間は十分にあります。

    まだ自作の仕掛けで沖メバルを釣った実績はありませんが

    釣り具屋に売っていた仕掛けを参考に作ってみました!

    PICT0326.jpg

    使う道具はこれだけ!

    針は、ムツ針の13号 枝ス(ハリス)が3号 幹糸6号を使います。

    まず枝スから

    シール付きのレインボーティンセル(4.0cm)を3mmぐらいの幅にカットして

    そこに羽毛の先を3.5cmぐらいに切って貼り付け針に巻きます。

    PICT0331.jpg

    そこにサバ皮オーラ(あらかじめカットされて売られている物)を巻いてハリス25cmを結びます。

    今回は5本針にするため5本作ります。(なまず皮が無かった為サバ皮の緑も使ってみました)

    DSCF0223.jpg

    次に幹糸。トリプルサルカンやクロスビーズで枝スを出しても構いませんが

    比較的安価で済むクレンサルカンとビーズの組み合わせで作ります。

    60cm間隔で8の字結びでコブを作りビーズの小→大→クレンサルカン→ビーズ大→小

    の順で通し、またコブを作ります。

    DSCF0221.jpg

    これを5コ作り両端にスナップ付きのサルカンを付け

    先程作った枝スをクレンサルカンに結べば

    枝スの長さ25cm 枝スの間隔60cm  全長3.6mの仕掛けの出来上がり!

    DSCF0226.jpg

    沖メバルなどは一匹掛ければ、追い食いして鈴なりで釣れる事が多々あります。

    そんな時は5本針の仕掛けを2ケつなぎ、10本針にすればいいかと思います。

    まあ、遊漁船とは違い、自ら舵を取って未知の漁場での釣行ですから

    鈴なりで釣るのは難しいとは思いますけど

    自作の仕掛けで一匹でも釣れれば、既製の仕掛けで釣るよりは喜びが倍増すると思いますよ!

    でも、案外カラ針の方がよく釣れる事もあるんだよな~


    にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
    にほんブログ村
    スポンサーサイト
    仕掛け | コメント(2) | トラックバック(0) | 2011/05/02 23:35
    コメント
    ありがとうございます♪
    KTさん、すんげぇ~分かりやすいっすi-184
    ありがとうございますi-189
    僕は懐に余裕がないので自作しようと思いますi-234

    なまず皮高いっすよねi-229
    俺もパチンコ屋行って来ようかな~(笑)
    >仕掛け@イケメンさん
    一セット作るのに40分位かかりますi-195
    後は、毛の色やフラッシャー、皮などを
    自分なりにカスタマイズして最良の仕掛けを作ってみて下さい。

    明日も時化、明後日も微妙ですね。
    連休なのに釣りに行かないと暇で暇で仕方ありませんi-241

    管理者のみに表示

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。